【コスプレ撮影のコツ:F値(絞り)編】こんな時はこのF値!

こんにちは、Nariです。

F値(絞り)の事はなんとなく分かったけど、いざ撮影となると、どんなF値にしたら良いのかわからない!
簡単に決める方法ってないの?基準となるF値とかないの?

そんなお悩みを持つ、カメラ初心者向けに、こんな時はこのF値!をお伝えします。

先に結論

こんな時はこんなF値!
  • ふんわり撮りたい⇒F1.2~F2.8
  • パキッと撮りたい⇒F5.6~F8
  • 個撮⇒F1.2~F8
  • 二人組⇒F2.8~F8
  • 3人以上⇒F4.0~F8
  • 慣れたら自分の好きなF値で撮る
目次

どんな表現をしたいか?で決める

コスプレ撮影においてキャラに合った写真を撮る事は非常に大切です。

写真の雰囲気を大きく2つに分けた場合で解説します。

・ふんわり&被写体を際立たせたい⇒可愛い系のキャラや背景をぼかしたい時
・パキパキ&風景に溶け込んでいる⇒戦闘系のかっこ良いキャラや素敵な背景を活かしたい時

ふんわり&被写体を際立たせたい

設定するF値は1.2~2.8ぐらいがおススメです。

私はF2.0が好きなのでよく使います。

使っているレンズの最小値で撮るとふんわり&被写体が際立つ写真になりやすいのでチャレンジして下さい。

F2.0で撮影

メリット

F値が小さいとピントがあっている被写体が浮き上がり、背景がボケてふんわりした雰囲気を出しやすいです。

また、部屋の照明や自然光を利用しやすい設定になる為、写真全体が良い雰囲気になりやすいです。

デメリット

ピントが合う範囲が狭く、ピンぼけの失敗写真を量産する可能性があります。

しっかりと目にピントを合わせて撮影しましょう。

良い写真撮れたな!と思ったら拡大してピントを確認しましょう。

F1.6で撮影

パキパキした写真を撮る時

設定するF値はF5.6~F8ぐらいがおススメです。

私はF5.6が好きなのでよく使います。

F8にすると、ストロボによっては光量が足りない場合もあるので、ちょっと調整が必要です。

F5.6で撮影

メリット

F値が大きいと全体的にピントが合い、被写体の顔、衣装、武器など、全てが綺麗に写ります。

レイヤーさんが頑張って作った衣装や武器、カッコ良いスタジオやロケの背景を活かした写真が撮れます。

デメリット

全てが鮮明に写るので、構図やライティングがとても重要になります。

被写体が綺麗に見えるアングル、おしゃれな背景かシンプルな背景を見つけて撮影しましょう。

F5.6で撮影

撮影人数で決める

撮影人数が増えれば増える程、F値を気にする必要があります。

理由は、F値によってピントが合う範囲が変わるからです。

個撮(1対1)の場合

1対1の個撮であればF値は表現したい写真(ふんわりorパキパキ)に合わせて調整するだけでOKです。

F1.2~F8まで状況にあわせて使い分けましょう。

2人撮影の場合

二人になるだけで設定の難易度が上がります。F2.8~F8で調整しましょう。

複数人の撮影となると、レイヤーさんが横並びや前後になる構図が発生します。

横並びの場合、最低でもF2.8ぐらいで撮影しないと片方のレイヤーさんがボケる場合があります。

できればF4~F5.6で撮影するのが無難です。

F5.6で撮影

前後の場合は、後ろに立つレイヤーさんがボケるのは仕方ありません。

あえて前の人と離れてもらい、背景として活躍してもらいましょう。

この際のF値は個撮の時と同じように調整するだけでOKです。

F5.6で撮影

3人以上の撮影の場合

3人以上の場合は二人撮影の時の応用です。全員にピントを合わせたい場合はF5.6~F8で調整しましょう。

前後の構図などがある場合は、個撮の時と同じ考えでOKです。

慣れたら自分の好きなF値で撮る

ここまで色々と基準となる値をお伝えしましたが、慣れてきたら自分の好きなF値で撮りましょう。

3人以上だから絶対F5.6!とか、可愛いアイドルだから絶対F1.2!とかではなく、自分が表現したい写真に合わせて設定する事がコスプレ撮影では重要なポイントです。

それでは良いカメラライフを!

F1.8で撮影

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Nariです。
写真・動画撮影やウェブコンテンツの作成をしています。

目次
閉じる