撮影サービスを開始しました 詳細はこちら

【スタジオ撮影紹介#01】スタジオルール(大阪)黒ゴシックの簡易撮影解説

こんにちは、Nariです。

スタジオ撮影紹介の記念すべき最初のスタジオは【スタジオルール】さんです。

スタジオルールと言えば1階にある黒ゴシックブースが良いですよね!

今回撮ってきた写真はこちら。

平日だった事もあり、贅沢に黒ゴシックとマントルブース両方を使わせて頂いたので、めっちゃ良い感じに撮れました。
人が少ない平日はめっちゃかっこよく撮れるチャンスです

目次

ライティング解説

この撮影では4つのストロボを使用しています。

①60×60ソフトボックス
②トランスルーセントアンブレラ
③ラウンドフラッシュ
④カラーフィルター(青)

 

①メインライト:光量1/8

被写体の全体の明るさを決めるライトです。

主に顔をメインに狙って配置します。

②側面用:光量1/32

メインライトだけだと影が出やすいので、それを消すためと、被写体の後方のエッジを際立たせる為に使用

③下用:光量1/32

顔の影をより消していきます。

④背景用:光量1/2

背景のイメージを調整する為にカラーフィルターを使用しています。

撮影時のカメラ設定

シャッタースピード:1/100
絞り:4.0
ISO :320
ホワイトバランス:オート

2枚目の写真ライティング

2枚目はパーツ撮りなので、影や雰囲気を出す為に、②と③のライトを消して撮影しています。

影がある事でより立体的に見えますね。

セッティングと撮影時の注意点

  • 背景に光が飛び過ぎないようにする
  • 必要があればグリッドを使う
  • モデルの顔の向きに気を付ける
  • 撮影のアングルを色々変えてみる

もしスタジオルールで撮影する事があったら参考になれば幸いです。

それでは良いカメラライフを!

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Nariです。
写真・動画撮影やウェブコンテンツの作成をしています。

目次
閉じる