【とりあえずこれでOK】カメラを買ったらやるべき事

こんにちは、Nariです。

カメラを買ったけど、まず何をして良いか分からない!

そんなカメラ初心者の為に、カメラを買ったらまず設定するべき項目や、覚えておきたいボタンなどについて解説します。

この記事の対象者
  • カメラを買ったばかりの人
  • これからカメラを買おうと思ってる人
最初に結論
  • データの保存形式を決める
  • AF(オートフォーカス)設定をシングルにする
  • ホワイトバランスをオートかケルビン指定にする
  • 撮影モードをAかMにする
  • SS(シャッタースピード)絞り、ISOの変更ボタンを把握する
目次

最初にするべき設定項目

データの保存形式

まずはデータの保存形式を決めましょう。

おすすめはこの2パターンです。

JPEGのLサイズ(一番大きいサイズ)

とりあえず撮影がしたい、加工はあんまりわからないしスマホでしかしない、カメラにSDカードが1枚しか入らない人向け。

RAW+JPEG

PCやipadで合成やかっこ良い加工をがっつりやりたい!カメラもSDカードが2枚入る人向け。

RAWって何?JPEGって何?って人はこちらをどうぞ。

AF(オートフォーカス)設定

ピントを合わせる方法にもいくつかの設定があります。

その中でも理解しておくべき事は、ピントをどこに合わせるのかどのように合わせるのかの2つです。

ピントをどこに合わせるのか?を(フォーカス)エリア。

ピントをどのように合わせるのか?を(フォーカス)モード。

というような名称で呼ばれたりします。

おすすめの設定はこちらです。
※メーカーにより名称が異なります。

AFおすすめ設定
  • エリア⇒シングルポイント(1点AF)
  • モード⇒AF-S

エリア⇒シングルポイントは、自分が任意の場所を指定してピントを合わせる方式です。スマホでタッチした所にピントが来るような操作性です。コスプレ撮影では、目にピントを合わせると効果的です。

モード⇒AF-Sは、シャッターを半押しして、ピントを設定したら、押している間はそこにピントが来るモードの事です。

通常コスプレイヤーは静止している事が多いので、このモードが効果的です。動きのある撮影をする場合は、AF-Cという動いている対象に対して効果的なモードもあるので、状況によって使い分けれるようになると良いですね。

ホワイトバランス

ホワイトバランスとは、写真全体の色味を設定できる項目です。

クールな撮影の時は青色、夕陽撮影の時はオレンジ色など、自分の好きな色味に調整できます。

ホワイトバランスのおすすめ設定
  • 最初の頃はホワイトバランスオート
  • 慣れてきたらケルビン(K)を設定する

おそらく初期設定ではホワイトバランスはオートになっており、自動で適切な色味にしてくれます。

ですが、撮影に慣れてきたら、ケルビン(K)を設定しましょう。

ざっくり説明すると3000に近いと青く、10000に近いとオレンジっぽくなる設定項目です。

色んな数値に設定して、自分好みの色味を見つけましょう。

撮影モードを設定する

撮影のモードは非常に重要な機能です。

最終的にはM(マニュアル)モードで撮影できるようにしましょう。

ただ、最初はシャッタースピードや絞り、などどんな数値に設定したら良いのかわからないと思います。

撮影モードのおすすめ設定
  • まずは全部を設定してくれるオートモード
  • 慣れてきたら絞りを自分で設定するAモード
  • 最後にMモードで撮影をする

スタジオでストロボを使った撮影がしたい人は、Mモードを使いこなせるようになりましょう。

撮影モードに関して詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

SS(シャッタースピード)絞り、ISOの変更ボタンを把握する

撮影の基本ですね。

シャッタースピードや絞りは大体カメラの右側の前後にダイヤルがあったりして簡単に変更できます。

ただISOに関しては分かりにくいところにあったりするので、事前に把握しておきましょう。

シャッタースピード?絞り?ISOってなんとなく聞いた事あるけど、なんなの?っていう人はこちらをどうぞ

まとめ
  • データの保存形式はJPEG+RAWかJPEGのLサイズ
  • AFのエリアはシングルポイント、モードはAF-S
  • ホワイトバランスは最初オート、慣れたらケルビン指定
  • 撮影モードは最初はオート、次にA、最後にM
  • SS(シャッタースピード)絞り、ISOの操作ボタンを覚えよう

とりあえずこれだけ設定しておけば、ある程度撮影はできます。

まずはどんどん撮影に行って、練習してみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Nariです。
写真・動画撮影やウェブコンテンツの作成をしています。

目次
閉じる